弁護士の必要性とは?

弁護士は企業にとってどんな時に必要となるでしょうか。というのは、たとえて言うならば会社の不信や、社員の悪行に対し、対し、悩まされる場合もあります。企業にはいつも危険があり、社員を守るので、もしもの場合準備する必要性があります。大きな企業には顧問弁護士がいる場合が多く、中企業ではまだまだいないのがほとんどです。予測不可能な事故に応じて中小企業は弁護士を備える必要が、あると言って過言ではありません。