投資について知ろう

色んな種類がある不動産投資。マンションやアパートなどの物件を買って、そしてそれを賃貸するという方法で収益を得る現物投資というものがあります。殆どはこの現物投資が占めています。一方、こうした不動産投資も所詮投資であり、瑕疵等の事態が発生する事や地震で壊される等のリスクも存在します。そのリスクを軽減するために鑑定士等の専門家に調査を依頼することが大事です。

こうした問題がなければ、不動産投資というものは長期に一定収入を獲得できる魅力的な投資です。費用は必要ですが、問題が発生した時の負担と比べれば微小なものになるので、実施することを勧めます。

オーナーがアパート経営を始める時に、一体自分の不動産の価値はいくらなのかをまず考えるでしょう。普通賃貸用物件は敷地部分とその上の物件はそれぞれ独立した財産として他に評価金額が算出されます。しかし不動産鑑定の時は異なります。

賃貸されている物件と土地を一緒の資産として評価される事となるのです。その時は、敷地物件の所有者が同一人物であって、なおかつ物件が賃貸に出されている場合に判断されます。また不動産鑑定では賃貸されているマンションは一般に敷地も同一としての家賃収入に対した価格を計算します。わけは持ち主は主に賃貸収入を得る事を目的とした投資家と見られるからです。賃貸からの収入が一番目立つのは当然の事ですね。

あゆみ