子供の数だけ子育てのコツの数がある

ひと言でいう、子育てとは多様な子供を対象としているため子育てのコツを説明することはできないでしょう。ですが、あえて子育てのコツを書くならば、お子様は子供自身の個性を持つ人間であることを理解することなのです。例をあげると、皆様が子に着て欲しい服と子供が好きな洋服は相違します。そのような場合に、あなたならどのような対応をすると予測しますか。強引に、自分の好きな洋服を子供に着せますか、少しぐらい似合わないと思っても子供の好きな服を許可しますか。

どちらの選択肢を認めるかでその後の子育てを楽だと考えられるか、嫌だと思うのかの分岐点だと思います。子供であっても、小さいながらも親とは異なる人間だということを親が認識することが子育てのコツと言えるでしょう。

どんな子供でもママの膝にのって、本を聞くのがお気に入りなのです。子育てにおいて、本の読み聞かせは、単に中身を理解する、平仮名を暗記する以上の効果があるのです。本を読んであげることで、あなたはお子さんと同じ空間を体感することが可です。

お子様と一緒に本の世界に入り、多種な経験を擬似経験することになると言えます。気持ちが同じ方向になっているという現況は、お子様に安心をもたらします。子供の疑問に考え込んだり、逆に質問をしたりして思案する良い習慣が習得できます。一方、傍らで本を読むという行為は、徐々にスキンシップを生み出します。ハグは存在意義に関連し、その感情は子供をすごく成長させるのです。

お子様は本を読みながらさまざまなことを想像して想像力豊かにもなりますし、本からさまざまなことを学ぶこともします。ですが、そのためには親が子供に本を与えてあげなければなりません。本のよみきかせを通じて子どもの脳は豊かになりますし、賢い子供を育てるには大変良いことでしょう。小さいうちから本の読み聞かせを行って、本が好きなこどもにしてください。まずは、本を与え、好きになってもらうことで今後も本を読む子どもに育つでしょう。

あゆみ