日本と韓国では部活の教育に対する考え方に違いがあります

今の時代、部活動が盛んですが、少年期の部活動を有効視すべきかどうかは、環境によっても変わってきます。子供にはすくすくと育って欲しい、ということを願う父親や母親には、部活は子供の教育課程においてとても重要な項目となるのですが、子供にはまず勉強をさせて、成績を伸ばして良い高校や良い大学に進学させたいと希望する両親にとって、部活は学習の障害になる可能性がある項目となってしまう事例もあります。

部活は多様な種類があり、青少年が身体を動かしてスポーツに勉める体育会系の部活を始めとして、多様な専門的な分野に造詣を深めていく文科系の部活もあるので、部活イコール運動をする、という状況にはなりません。

部活は学校の授業が終わった後の放課後にするのが通常ですが、厳しい体育会系の部活の場合は朝練習、略して朝練と呼ばれる、学校に登校する前の早朝の時間帯に行う部活動もあるのが特徴です。日本では子供や青少年の教育において古くから部活を重んじてきた伝統があります。古くからの格言に文武両道、という言葉がありますが、日本の教育課程における部活は、まさしくこの文武両道を体言していると言っても過言ではないのです。

同じアジア圏の隣国である韓国では部活の機会がなく、韓国でスポーツなどの体育会系の部活をするのは一部のエリート層のプロスポーツ選手志望である生徒やオリンピック候補の生徒が大半を占めています。韓国で部活動が推奨されない理由には、頭脳的能力がことのほか重視される学歴社会でもあるという国の事情が関係しています。

そして中国も韓国と同様に生徒の部活、特にスポーツ系の体育会系の部活はほとんど行われていない状態です。中国の学校においても部活はオリンピック選手を志すエリート層の生徒の活動という意識が強く、スポーツをするくらいならば勉強を、という風潮が中国さらに韓国の教育現場には存在しています。

あゆみ