国内旅行にはやはり温泉が外せません|島国日本!温泉紀行~全国湯めぐり~

国内旅行にはやはり温泉が外せません

国内旅行を計画する時、絶対にその行程に入れておきたいイベントがあります。それは温泉です。
卒業旅行でも、社員旅行でも、仲間内でも、独りでも、それぞれのシーンにおいて私達の心と身体を芯から温め、癒してくれます。日本人に生まれた最大の恩恵は温泉文化を享受出来た事だと言っても過言ではありません。
それほど日本人に密着した存在になっているのです。
一方海外ではこの文化は殆ど無く、あったとしても大半が医療目的の入湯ですから、日本ほど人情味に溢れているとはとても言えません。

さて国内旅行で温泉宿へのアクセスは非常に容易になっています。鉄道の便は良く、中には直通列車を運行している私鉄もあります。たとえ駅前から山間に向かうルートであっても、そこに向かうバスの便は豊富、有名地では宿を循環するバスが走り、中には無料の送迎バスが迎えに来てくれる宿さえあります。
ここまで宿側が客に対して尽くしてくれるのも日本人が温泉を愛している一つの要因なのです。

温泉宿に到着したら、身支度を整えて早速入湯する人が多いでしょう。高級な宿の大浴場は内風呂も露天も広くて清潔、まるで解放感が違います。
内風呂の浴槽や露天周りの木々や岩等、湯の佇まいを邪魔しない様に入念に計算し尽くされ配置されています。周囲の自然を活かし、決して主張し過ぎない姿には安らぎに似たものを感じます。
地域や宿の源泉によってその泉質は様々ですが、事前にそれを調べておくと入浴のコツが掴めて楽しくなります。
例えば塩化物泉は保温と保湿のパック効果があり、入浴後は真水で洗い流さない方が肌に優しいといった知識が役に立ちます。
こんな事を気軽に考えられるのも肩肘張らない国内旅行ならではです。

あゆみ