国内旅行で東北の温泉に|島国日本!温泉紀行~全国湯めぐり~

国内旅行で東北の温泉に

温泉が好きな人は多いですが、実際に行ったことがある温泉となると数は少なくなります。
国内旅行のパンフレットに目を向けてみると、その数の多いことに驚きます。東方地方だけで考えてみても1県につき1つは挙げられるほどです。
有名なところでは秘湯と呼ばれる秋田県の乳頭温泉や、仙台の奥座敷と称される秋保などでしょう。

自分たちで予約して楽しむのもいいでしょうが、国内旅行ツアーのパンフレットから予約するとちょっとした旅行会社の特典などがついてくることもあり、得した気分になります。
季節ごとに東北は、春の弘前城のさくら祭、初夏は山形県のさくらんぼ狩り、夏は青森県のねぶた祭り・仙台市の七夕祭り・秋田県の竿灯まつり・山形県の花笠まつりなどがあります。
秋は秘湯から望む紅葉を楽しみ、山形県名物のいも煮を堪能してみましょう。冬は横手市のかまくらまつりを初めとした冬の東北ならではのイベントや風景に出会えます。蔵王の樹氷はあの場所でしか見ることは出来ない自然の神秘です。

夏のお祭りなどを存分に楽しみたい場合は国内旅行ツアーを上手に活用しましょう。お祭りは見る場所によって受ける感動も違います。ツアーですと、事前に見やすい場所が確保されていますし、駐車場探しの手間も省けます。
冬場の雪道の運転に不安がある方にもいいですね。東北の冬は雪と切り離すことはできませんから。日本の中でも春夏秋冬がはっきりとしている東北地方、季節ごとの風景を味わいましょう。

あゆみ